So-net無料ブログ作成

マッサ最後の最後でリタイヤ、勝利はコバライネンの手に [F1]

107325.jpg
ゴール間近でトップ走行のマッサにトラブルしてリタイヤ!これによりコバライネンが初優勝を遂げました。


まずはスタートで、マッサがマクラーレン勢を一気に抜き去りトップに立ち、いきなりマクラーレンの思惑を打ち砕く展開になりました。
その後マッサはハイペースで周回を重ね、マクラーレン勢につけいる隙を与えません。
予選後マッサがフェラーリは速いと豪語してましたが、言ったとおり速いペースを作っていました。
逆にマクラーレン勢は、予選1-2を取ったほどの勢いが無かった感じがします。
決勝用のセッティングは、フェラーリの方が良かったのかも知れません。

だた、今年のフェラーリは信頼性に欠けますね。
フランスGPでは、ライコネンのマシンにトラブルが発生。
しかしこの時はライコネン2位だったのでロスは最小限でしたが、今回のマッサのトラブルはリタイヤノーポイントですから、事は重大です。
チャンピオンシップを争うチームとして、あってはならない事なのに。。。

そしてハミルトンも不運でした。
2位走行中に左フロントがパンク。
ただ、ブリヂストンの浜島さんによると、ハミルトンが走行中に作ったフラットスポットが原因の可能性があるとのこと。
ハミルトンのハードブレーキングはF1界でもピカイチですが、それが行き過ぎるとタイヤがロックして、フラットスポットを作ってしまう。それが仇になったかもしれないのです。
ハミルトンがチャンピオンになるためには、タイヤマネージメントが重要になるかも知れません。

それにしてもさえないライコネン。
終盤こそスピードを取り戻して、ファステストを記録しましたけど、完全に時すでに遅し。
今回はマッサのトラブルでラッキーな3位表彰台を得てポイント獲得できましたが、こんな状態が続けば、ライコネンのチャンピオン争いは終わってしまうでしょう。

トヨタはどんどんマシンが良くなってきましたね。
来年の日本GPは鈴鹿になるので、今年富士で良い結果を出さなければ、富士で良い結果を出す次のチャンスは数年後になりますので、かなり気合いが入っているんでしょう。
グロックは最高の予選を戦い、決勝も最後ライコネンを抑えきり2位表彰台!!
シーズン後半は、優勝も視野に入れられるポジションで戦って欲しいですね。

一貴・・・さえません。
コース上でオーバーテイクされる映像とか写されちゃうし、今回は良いアピールが出来ませんでした。
まぁそれでも、ニコより上でゴールできたのでヨシとしますか!?

という事で、コバライネンおめでとう!
次はハミルトンとガチンコで勝負してくださいね。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

ゲルハルト

見どころは、マッサのスタートから1~2コーナーでの追い抜きと、ライコネンの終盤のコースアウトの際のマシンコントロールですかね。
赤い車は残念でした。
中嶋はロズベルクもあんな感じだし、車が問題なんですね。
次回は、バレンシア市街地コースとのこと。どうなるんでしょう?
by ゲルハルト (2008-08-05 20:52) 

しのぴん

ゲルハルトさん、コメントありがとうございます。

肉弾戦に弱いマッサがスタートで追い越しを決めた事で、今後マッサを見る周りのドライバーの目が変わるでしょうね。
今年のマッサは、意外と言っては失礼ですけど、結構早くなったと思います。(ただ、ちょんぼは相変わらずですが)

それにしてもウィリアムズは低迷中ですよね。
他のチームがどんどん空力のアップデートをしているのに対して、あんまり変化無い感じだし。
この調子では、今後ポイント取るのは無理かも知れません。

バレンシアの市街地コースは、低速コースになるんですかね?
となると、今回調子よかったトヨタは次回も期待できるかも??
by しのぴん (2008-08-05 21:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る