So-net無料ブログ作成

F1中国GP予選 フリー走行から早かったハミルトンがポールポジション [F1]

113540.jpg
フリー走行から早さを見せつけていたハミルトン、予選を制しポールポジションを獲得しました。


残り2戦となったF1グランプリ、ドライバーズタイトル争いも佳境に入ってきました。富士で早さを見せながらノーポイントで終わってしまったハミルトン、タイトル争いの仕切り直しとして、絶好の位置からスタートを切るポジションを得ました。あとは「オトナの走り」さえ出来れば、タイトル争いは俄然有利になるでしょう。

フェラーリ勢は、ハミルトンには負けましたが真後ろのポジションを2台が押さえ、富士の時と同様スタートが鍵となりそう。タイトル争いをしているマッサよりライコネンが上のポジションとなりましたが、もし失う物はないライコネンが富士のハミルトンと同じ様なアプローチを1コーナーで仕掛け、ハミルトンを外に追いやるなんて事をしたら、マッサが逃げて俄然有利に・・・なんて事はしないか(^_^;)

それにしてもアロンソはここでもまた4位となり、ルノーの早さは「ホンモノ」となって来たようです。去年のルノーの状況を考えると、早くなったのはアロンソの開発能力が影響しているとしか思えません。こりゃーどのチームも喉から手が出る程欲しいでしょうね。ホンダなんて、バトンとバリチェロ2人放出しても欲しいでしょう。まぁ現状のホンダを見たら、どのドライバーも行きたがらないでしょうけど・・・

ルノーやトロロッソの台頭で、やや沈没気味のトヨタ。富士で早さをピークにしたいと思っていたに違いないのですが、逆に少しずつ後れを取っているような・・・。トヨタには、もっと開発能力が高いドライバーが必要なのではないでしょうか。

話変わりますが、先日FIAが2010年からエンジンをワンメイク化する様な声明を発表しました。F1のコスト削減をしたいFIAが強行に打ち立てた案なのですが、現在F1に参加しているトップチームは、各自動車メーカーの独自エンジンを搭載しているので、そのエンジンを作ったメーカーのロゴを付けて走っていますよね。それがワンメイクになるって事を自動車メーカーが喜ぶわけがありません。仮にシャシーを各メーカーの名前で作ったにしても、エンジンはよそ様のメーカー製なんて受け入れられないのでは?。

もしこれが実行されたら、自動車メーカー系のチームは撤退するでしょう。そして、F1は今までとはかなり異なった物になるでしょうね。ホンダやトヨタが居なくなると同時に、日本人ドライバーも居なくなる。タイヤはブリヂストンが供給し続けたにしても、タイヤだけじゃ日本人の心をつなぎ止められないので、日本GPも無くなってしまうかも?。

ただこれは悪いことばかりではなく、マシンが以前よりイコールコンディションに近くなるので、ドライバーの腕の差が成績に表れやすくなり、本当に早いドライバーが世界選手権の頂点になる。実力ではい上がった日本人ドライバーが、世界の頂点に挑む姿を見ることが出来るかどうかは、現状ではわからないですが・・・。

F1エンジンのワンメイク化、これから本格的に話し合われると思いますが、どんな結末になるでしょうね。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 2

ゲルハルト

ライコネンの出撃に期待しましょう。しかしアロンソが良い感じですね。
ホンダはアロンソが欲しいでしょうね。

by ゲルハルト (2008-10-19 09:30) 

しのぴん

ゲルハルトさん、コメントありがとうございます。

フェラーリがハミルトンの前でゴールしないと、最終戦が盛り上がりませんからね。しかし、ハミルトンは終始調子良いので、スタートが決まれば逃げられちゃいそうです・・・

今年じり貧のホンダ、来年は速いマシンに生まれ変わっている事を期待しましょう。
by しのぴん (2008-10-19 14:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る