So-net無料ブログ作成
検索選択

09F1ハンガリーGP予選 [F1]

133000.jpg
シーズン途中から勢力図が大きく変化してきた中、今回はアロンソが2006年中国GP以来のポールを奪取しました。


今回も残念ながら生放送は見られませんので、いつもの様にライブタイミングを見ていたのですが、ポール争いの時にタイミングモニターが壊れたようで、肝心のトップ争いがわからずガッカリ・・・。
結局ライブタイミングの文字情報で、アロンソがポールを取った事がわかりました。

Q2の結果からして、アロンソは軽くしてポールだけ狙った感じもしますが、ここでもレッドブルは2-3と好調をキープ。
その後ろにハミルトンと、ニコを挟んでコバライネンと、フリー走行から好調だったマクラーレンが付け、F1戦国時代はますます混沌としてきた感じがしますね。

それにしても、前半戦のブラウンの早さは一体どこに行ったのでしょう?
と言うか、他のチームが追いつき追い越したってトコなんでしょうが、当初他のチームがブラウンに全然歯が立たなかったのがウソの様です。
ここハンガリーでは、バトンが何とかトップ10に残りましたが結局8位止まり、バリチェロに至ってはQ2敗退で13位と、完全に輝きを失ってるような気が・・・
この調子だと、バトンはチャンプどころか、チャンプ争いにすら加われないかもしれません。
やはり開発する金がないと、F1は厳しいんでしょうか。

ただ、お金があるのにさっぱりなのはトヨタ。
ディフューザーが他のチームより有利な頃でも優勝できず、今となってはブラウン以上に沈没しているのでは?
シーズン当初はホンキで1勝が狙えるのではと思ったのですけど、これではちょっと無理ですかね・・・

一貴、今回もちょっとだけ輝きました。
ホントの早さが必要なQ2で3位通過!!なかなかやるじゃないの。
でも、Q3ではマッサ抜きの戦いの中最下位・・・Q2の結果は何だったの???

ところで、Q3走れなかったマッサですが・・・
133025.jpg
情報によると、ヘルメットに何かがぶつかって気を失い、タイヤバリアに真っ直ぐ突っ込んだ!?
これを書いている時点では、詳しい情報はわかりませんが、マッサは無事の様なのでちょっと安心しました。

F1はセナの事故以来、レースで死亡事故は無かったと思うのですが、それは安全対策がどんどん強化されたから。
マッサが無事だったのも、安全対策のおかげだったと思われます。
F1にはいろんな規制がありますが、安全対策の規制は出来るだけ万全を期して欲しいですね。
もうセナのような事は味わいたくありませんから。

って事で、決勝は混戦のF1を象徴する争いになるでしょうか?


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 2

コメント 2

ゲルハルト

アロンソは久し振りですね。混戦という意味で面白くなってきましたね。
ハンガリーは追い抜くところが無かったと思いますので、決勝でも渋滞などが予想されますので面白いレースを期待しましょう。
by ゲルハルト (2009-07-26 08:56) 

しのぴん

ゲルハルトさん、コメントありがとうございます。

おっしゃるとおりハンガリーは抜くトコなかったですね。
となると予選ポジションはかなり重要ですが、燃料そこそこ積んでたとは言え一貴は失敗でしたね~。
ただ、決勝でトップが後続をすべて塞いでくれたら、ピットストップまで混戦になって面白いかもしれません。
しかし、KARSを効かせてハミルトンがホールショット決めたら、逃げられてしまうかも?
いずれにしてもブラウンはツライ状況ですなぁ。
by しのぴん (2009-07-26 09:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る