So-net無料ブログ作成
検索選択

恐るべし!ハミルトンがトップチェッカーでマクラーレン復活の狼煙!! [F1]

133390.jpg
あんなに苦労していたマクラーレンがこんなに早く復活するとは・・・全く持って恐るべしです。


確かにフリー走行から好調でしたし、KARSあるからスタート有利ではありますが、コース上でウェーバーを抜くし、抜いた後は絶好調レッドブルを置き去りにする早さ・・・まさに驚きです。
ついこの間まで、ブラウンに周回遅れにされていたマシンとは思えませんよね。
どんなイリュージョンを仕込んできたのか・・・マクラーレンの底力をまざまざと見せつけられました。

そして2位にはなんとフェラーリのライコネンが!
こちらも今シーズンのマシンに見切りを付け、来年度マシンに注力する様な事が聞かれましたが、ウェーバーのトラブルもあったにせよ、フェラーリも復活と言っていいかもしれません。
(ライコネンは幅寄せが審議対象になっているので順位が下がるかも)

アロンソは最初から勝ち目は無かったとは思いますが、まさかリタイヤするとは思いませんでした。
完走していたとしても、3ストップだとしたら表彰台は難しかったでしょうが、ポイントはゲットしていたでしょう。
本人も言うとおり、ルノーはまだまだやることがいっぱいありそうです。

一貴は・・・コース上でバトンに抜かれたのがすべてでしょうね。
もし抜かれてなかったら、今期初入賞は出来たでしょうに。
しかし、2回目のピットインでバトンをかわせるかと思ったのですが、バトンが2回目のピットストップ後にいきなり早く走って一貴の夢を打ち砕きました・・・
今回は入賞レベルの早さを持っていた様なのに。。。ブルデーの様にならなきゃいいが。
(トヨタエンジンがある間は大丈夫か?)

コース上で一貴をオーバーテイクしたバトンですが、結果は7位・・・もう前半戦の輝きは見られません。
これでは、今シーズンの年間王者は限りなく赤信号に近い黄色信号か?
開発力で劣るブラウンは、このままだとついこの間のマクラーレンみたいになってしまうかもしれません。

それにしてもトヨタは上手いことやりました。
最悪の予選だったのですが、たっぷり積んでスタートしたのが上手くいって、グロック6位・トゥルーリ8位と、2台揃ってポイントゲット。
これが一貴だったらなぁ・・・と考えてるのは、自分だけでしょうか?

いずれにしても、マクラーレンとフェラーリが上位に戻ってきたことで、さらに混戦になることは必至!!。
今後はますます面白くなるんじゃないでしょうか。期待しましょう!!


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 2

コメント 2

ゲルハルト

混戦という部分では面白くなってきました。
中嶋はあと一歩でしたね、残念。
しかし、マッサが心配ですね。
代役は佐藤・・・とはいきませんかね?

by ゲルハルト (2009-07-28 22:27) 

しのぴん

ゲルハルトさん、コメントありがとうございます。

せっかく面白く面白くなったのに、F1は夏休みですよね・・・残念。
マッサは回復してきてるらしいのですが、いつ復活出来るかわからないみたいですね。
代役はシューマッハだアロンソだと騒がしいですが、琢磨の名前は全く聞こえてきません。
もう彼はF1サーカスから抹消されたのでしょうか?
by しのぴん (2009-07-28 22:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る