So-net無料ブログ作成

2016年F1アブダビGP決勝 ハミルトンが最終戦も勝利、そしてロズベルグがチャンピオン獲得です!。 [F1]

297617.jpg
ハミルトンが無難にスタートを決めポール・トゥ・ウィン。そしてロズベルグはワールドチャンピオン獲得です!。

今日は2016年最終戦、タイトルが決まる1戦となりましたがスタートが大きなウェイトを占めるのは間違い無いところ。
ハミルトンはロズベルグのコピーをした(?)おかげでスタート失敗しなくなってるので、ロズベルグが2番手で周回を始めるとチャンプが見えてくるかな。

レーススタート!。
ハミルトン→ロズベルグ→ライコネン→リカルド→ベッテル・・・キーマンとなるハズだったフェルスタッペンが早々にクラッシュして沈没・・・そしてロズベルグ2位でタイトルをグッと引き寄せました(^_^;)。
アロンソはスタートで順位を上げ8位で周回をしています。

LAP6 去年と同様中段クラスがピットイン。ドライの戦略なんて変わらないんですね。

LAP7 早々にハミルトン、ライコネンがピットイン。アロンソもピットに入りました。

LAP8 ロズベルグ、ベッテル他ピットイン。ロズベルグは・・・あらら、ハミルトンだけじゃなくてフェルスタッペンの後ろになっちゃいました。こりゃロズベルグにとってちょっと痛いぞ!。

LAP10 一時的にトップに立ったリカルドもピットインして上位陣の順位が固まりました・・・。がやはりフェルスタッペンがキーマンでしたね~。ロズベルグ抜けずにキビシイ状況です。でもいずれフェルスタッペンもピットインするので、ロズベルグは今の位置を守ればチャンプになれる訳です。

LAP12 バトンのマシンがコースオフ!。なんとラストランなのにマシントラブルでリタイヤですよ・・・残念ですね。

LAP16 クビアトがリタイヤしました。彼の来年は大丈夫なのでしょうか?。
そしてクビアトとチェンジでレッドブルに乗ったフェルスタッペン、今シーズン大活躍した上に最終戦ではロズベルグのチャンプ獲得を無くすかもしれないキーマンとなっています。ロズベルグの敵はハミルトンじゃなくてレッドブル勢でしたね~。

LAP19 ロズベルグが自力でフェルスタッペンをパス!。これでロズベルグが自らチャンプを引き寄せたか!?。 

LAP23 ロズベルグはファステスト連発で後ろとのギャップを作ろうとしています。もう彼にとってはハミルトンは関係ありません。とにかく後ろに抜かれない事がチャンプへの最短距離なのです。
そう言えばアロンソは・・・10位かぁ。まぁこんなもんか。

LAP26 そろそろ2回目のピットインが始まりました。タイヤ交換が終わったところで順位を整理したいと思います。

LAP33 トップのベッテルはまだタイヤ交換に入りません。2位ハミルトンと3位ロズベルグの差は2秒弱。4位フェルスタッペンと5位リカルドの差は1秒強。戦いはまだ続きます。 

LAP37 ベッテルがピットイン。スーパーソフトを履いてピットアウトしました。そうだ、去年ベッテルはLAP39でピットに入ってた。これでトップがハミルトン、2位ロズベルグになりました。

LAP39 ベッテルがファステスト。まぁフレッシュのスーパーソフトだから当然か?。 

LAP40 トップ10は上からハミルトン→ロズベルグ→フェルスタッペン→リカルド→ライコネン→ベッテル→ヒュルケンベルグ→ペレース→マッサ→アロンソとなっています。
ラストランのマッサは入賞圏内の9位。バトンとは対照的です。アロンソは10位を守れるのでしょうか?。

LAP41 ベッテルがライコネンをパスして5位に。しかしレッドブル勢とのギャップは大きい・・・フェラーリ勢はここでもレッドブル勢にかないそうもありません。

LAP45 サインツがリタイヤ。トロ・ロッソはサッパリでしたね。ベッテルはリカルドとのギャップを2秒以内まで縮めてきました。しかし簡単に抜けないから4位攻略は難しいでしょう・・・と思ったらベッテルがリカルドをパスして4位浮上!。去年も予選最下位レベルから4位になってましたが、ベッテルはこのコース合ってるんですかね?。

LAP48 ハミルトンとロズベルグのギャップは1秒弱。でもロズベルグは抜こうとはしないでしょう・・・なんせこのままでチャンプ確定ですからね(^。^)。

LAP49 ベッテルがフェルスタッペンの後ろに付けました。残り数周でパス出来るかどうか・・・。

LAP50 なんとベッテルがフェルスタッペンもパスして3位に浮上!。フェラーリがレッドブルに負けてるなんて書いてスイマセンm(_ _)m。

LAP52 なんとロズベルグにベッテルが迫ってきています。ロズベルグペースアップしハミルトンとのギャップも無くなってきてます。なんとタイトル争いをかき回すのはベッテルだった!!?。

LAP54 最後の最後に上位が混戦状態に!。ハミルトンはあえてペースを抑えてロズベルグがつぶれるのを待つ作戦か?。

そしてチェッカー。ハミルトンがアブダビを制しました。
297588.jpg

ロズベルグは落ち着いて2位を確保し、自身初のワールドチャンピオン獲得しました!。
タイトルに大手をかけて以降ハミルトンに負けっぱなしでしたが、逆に言うとしっかり2位をキープし続けた事でチャンピオンになった訳で、勝ってチャンピオンの方がカッコイイけど、2位でチャンピオンてのはロズベルグらしい?。
3位はベッテル。予選ではライコネンに負けましたが、レースで挽回してレッドブル勢も攻略しちゃいました。
4位以降はフェルスタッペン→リカルド→ライコネン→ヒュルケンベルグ→ペレース→マッサ→アロンソのトップ10でした。

マクラーレン・ホンダは去年バトン12位、アロンソ17位でしたが、今年はアロンソ10位、バトンリタイヤという結果に。まぁ良くなった様なそうでもない様な結末ですが、去年より良くなったのは確か。来年はもっと上に居る事を期待しましょう。

と言う事で2016年シーズン終わりました。今年も来季に向けて日本人ドライバーって話が全く無いのが寂しいところですねぇ。ホンダが誰かを乗せてくれないかな?。

◎アブダビGP決勝履歴
2015年 F1 アブダビGP決勝2014年 F1 アブダビGP決勝
1位:ロズベルグ 2位:ハミルトン 3位:ライコネン
2014年 F1 アブダビGP決勝2014年 F1 アブダビGP決勝
1位:ハミルトン 2位:マッサ 3位:ボッタス
2013年 F1 アブダビGP決勝2013年 F1 アブダビGP決勝
1位:ベッテル 2位:ウェーバー 3位:ロズベルグ
2012年 F1 アブダビGP決勝2012年 F1 アブダビGP決勝
1位:ライコネン 2位:アロンソ 3位:ベッテル
2011年 F1 アブダビGP決勝2011年 F1 アブダビGP決勝
1位:ハミルトン 2位:アロンソ 3位:バトン
2010年 F1 アブダビGP決勝2010年 F1 アブダビGP決勝
1位:ベッテル 2位:ハミルトン 3位:バトン
2009年 F1 アブダビGP決勝2009年 F1 アブダビGP決勝
1位:ベッテル 2位:ウェーバー 3位:バトン

nice!(46)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 46

コメント 6

とまと

ニコ、頑張りましたね!
本当におめでとう!
最後ハミルトンのいただけない発言がありましたが^^
最後のレースの最終周まで本当に気が抜けないレースで、見ごたえがありました。
来年はまたいろいろと変わりそうなので楽しみですね
by とまと (2016-11-27 23:54) 

しのぴん

とまとさん、ご訪問&nice&コメントありがとうございます。
ロズベルグ、チャンプになれて良かったですね。
ハミルトンのいただけない発言が聞けなかったのが残念ですが(-.-)。
来年こそマクラーレン・ホンダに期待したいです!。
by しのぴん (2016-11-28 00:00) 

たくや

念願のタイトル獲得して、来年さらにプレッシャーに強くなって欲しいですね~
by たくや (2016-11-28 11:43) 

しのぴん

たくやさん、ご訪問&nice&コメントありがとうございます。
今年はハミルトンよりロズベルグがチャンプになって良かったと思います。来年ロズベルグがチャンプになれるかは本人次第でしょう。
by しのぴん (2016-11-28 21:50) 

masakazoo

ニコさんはこれで吹っ切れて、プロストさん的な思考法で、堅実に、かつ余裕を得て速さを増すかもしれない。

笹原がホンダの育成枠に入っている。いずれGP2へ。その頃は状況が変わっているだろうから、フォースインディア・ホンダとなっているかもしれない。そうなれば、PU無償提供で、レッツゴーです。

どうでもいいけど、マイナーカテゴリーでチャンピオンにならないと、錦織的な人、求む。若干名。てな感じです。
by masakazoo (2016-11-29 23:53) 

しのぴん

masakazooさん、ご訪問&nice&コメントありがとうございます。
ロズベルグはチャンピオンになって早さが増すと面白くなるのですけどね。
笹原に必要なのは『金』でしょうね。今時F1シートを得るには『金』が無いと無理でしょう。デカイスポンサーがホンダになれば、それはそれでいいのですけどね。日本人ドライバー、現時点では難しそうです。
by しのぴん (2016-11-30 00:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る