So-net無料ブログ作成

一般道でのEV走行を体感 ”新型プリウスPHV”に試乗しました [車]

DSC05626.jpg
早くもディーラー試乗が始まった「新型プリウスPHV」、その走りを一般道で試してきました。


「新型プリウスPHV」はメガウェブ1週間前に試乗していますが、メガウェブはあくまでもテストコースなので一般道の走りが気になります。
メガウェブで試乗した翌日すでに神奈川トヨタ港南店に試乗車がある事を知り、一般道での走りを試すために本日試乗させてもらいました。

試乗車は一番最高グレードの「A プレミアム」。
DSC05627.jpg
カラーは「サーモテクトライムグリーン」で、税込み43,200円の有料カラーです。
遮熱機能を持つだけあって、写真撮るとボディーがかなり明るく写ります。

ドアを開けて運転席に乗り込みます。
DSC05671.jpg
内装は標準設定のブラックではなく、注文時に設定できるクールグレー。
「A プレミアム」と「A"レザーパッケージ"」でクールグレーを選ぶとフロントコンソールトレイがホワイトになりますが、その他のグレードでクールグレーを選ぶとトレイの色がブラックに・・・。

そしてクールグレーを選ぶとサイドレジスターやシートステッチがターコイズ(ブルー)に・・・。
DSC05660.jpg

でもシフトノブ回りは全グレードホワイト。
DSC05651.jpg
なかなか複雑ですな(^_^;)。

皮巻きのステアリング。
DSC05648.jpg
最近のトヨタの皮巻きステアリング、感触がワタシ好みです。

液晶仕様のメーター。
DSC05649.jpg
平均燃費の数値が”44.4km/L”になってる!。

そしてこれが話題(?)の11.6インチのナビ。
DSC05650.jpg
これにはDCM(専用通信機)が標準装備されていて、通信料金は3年間無料。その後は12.960円/年かかります。
スマホにテザリングかbluetoothで接続して通信する方法もあるので、4年目からDCM使わずその方法で接続する事も出来る?。

「新型プリウスPHV」はEV走行がウリなので、シートヒーターと・・・。
DSC05652.jpg
ステアリングヒーター(白いボタンの一番左側)が標準装備です。
DSC05655.jpg
これが有ると無いとでは大違いですね!。

ちょっと前置きが長かったですが試乗しましょう(^_^;)。

例によって神奈川トヨタ港南店の試乗コースはまず最初にキツイ坂道を上るのですが、3人乗車していてもエンジンかからずモーターのみでぐんぐん上っていきます。
おまけにモーターだから加速がイイ!。キツイ坂道なのにノーマルモードでも気持ちよく加速します!。調子に乗ってアクセルを踏み込んだところでエンジンスタート・・さすがに負荷をかけすぎたか?。

この試乗コースの段差が多い坂道の乗り心地チェックですが、TNGAによる設計により乗り心地は問題ナシ。

装着していたのは標準の195/65R15のブリヂストンECOPIA。
DSC05674.jpg
17インチタイヤは「A」グレードにメーカーオプションとなっていますが、17インチを選ぶとサスペンションも専用チューニング版が付きます。
インチアップを考えているなら、15インチを買った後にその車をインチアップするより、最初から17インチタイヤを選んでおいた方が良さそうです。

今回もいつもと同様妻にリアシートチェックをしてもらいました。
DSC05672.jpg
メガウェブでの印象は「突き上げ感はあまり感じず乗り心地は良かった」でしが、ここでも印象は変わらなかったそうです。

また、メガウェブで感動していたEVの加速感ですが、この試乗ではさらに良かった様で、キツイ坂道を加速した時に段付きの全くないなめらかな加速感が素晴らしかったとの事。ガソリン車やハイブリッド車だとどうしてもキレイに加速していかない所を、EVの場合は途切れなくスムーズに加速するので気持ち良かったのでしょう。
またその加速力は以前試乗したリーフより上だと感じたそうです。

内装ですが、今回の試乗車がクールグレーだったので開放感があって良かったとの事。
メガウェブで試乗した時には標準のブラック内装にも試乗してますが、そちらは閉塞感があったそうで、やっぱり内装は明るい色の方がイイのですね。

ここからまたドライバー目線に戻して・・・。
基本EV走行がウリの「新型プリウスPHV」ですが、エンジンが全く掛からないワケではなさそう。十分充電されている状態で走っていたのですが、たまーにエンジンが掛かっていました。
掛かる条件が良くわからないのですが、エンジン全く動かさないのはあまり良くないから・・・ですかね?。

信号で止まるたびにドライブモードを変えてスタートしてみましたが、パワーモードの加速はかなりのモノ!。
逆にエコドライブモードだと、最初の出だしはアクセル踏み込んでもあまり強く加速せず、徐々に加速が速くなる感じ。ノーマルモードはその中間というセッティングです。
エコモードでも走り出してからの加速はそんなに悪くないので、通常使用時をエコモード標準にしていても良さそう。
逆にパワーモードは一般道で走ると、加速が気持ちよくてついアクセル踏みすぎ速度が出すぎるかもしれないので、警察に捕まりたくなかったら通常は使わない方がイイかも(^_^;)。

次はクルコンチェックです。「新型プリウスPHV」は“Toyota Safety Sense P”が標準装備されています。
DSC05654.jpg
ステアリング右下の「しゃもじ」のビニール、これはお約束でしょうか(笑)。

設定速度の下は45km/hまでセット可能なのは他と同じ。
変更する時は「しゃもじ」を上下させるのですが、操作すると1km/h刻みで変更可能で、設定速度がメーター内のモニターに表示されるのも同じです。

ACCを動作させて前に車を捕まえて、信号停止時のブレーキングを確認。
前の車が減速すると同じ様に減速し、前の車が停止するとじわじわと減速しキレイに停止。こりゃ下手なドライバーよりブレーキングが上手ですよ。
再スタートは「しゃもじ」を下げるかアクセルを踏み込めばOK。再スタート後の加速はEVなだけあってキレイに加速し設定値に到達。EVにACCのマッチングはバッチリですね。

と言う事で試乗終了。
いつもの様にトランクを開けてみます。
DSC05677.jpg
やっぱり床が高いので荷物はノーマルより積めないですね。

エンジンルーム。
DSC05667.jpg
見た感じノーマルプリウスと変わりません。

試乗車のサイド・・・下側の色がちょっと違う。
DSC05670.jpg
実はこれ、ステッカー。
DSC05669.jpg
例によって「KANAGAWA TOYOTA」の文字入っています。コレホント文字無ければ普通に売れそうです(^。^)。

うねうねのリアウィンドウ。
DSC05684.jpg

テールライトがスポイラー状に出っ張っているので、影を見ると光が透けて赤く見えてます。
DSC05685.jpg

試乗の合間は充電。
DSC05688.jpg
充電状態はインパネ上にあるランプで確認出来ます。
DSC05690.jpg

店内に置いていた色見本のミニカー。
DSC05694.jpg
これいいねぇ♪。

と言う事で今回は「新型プリウスPHV」に試乗しましたが、EVでの走りは一般道の方が好印象でした。
PHVは電気が無くなってもガソリンエンジンで走れるのがメリットですが、走り比べるとやっぱりEVの方がイイと思う人が多いでしょう。
このモデルから100Vでも200Vでも急速充電でも充電可能になったので、出先いあるほとんどの充電ステーションで電気をチャージ出来るのもメリット。なので出来るだけ『EV』として使いたいところです。しかし現状では出先で充電すると家庭で充電するより値段が高めになるのがネックになってしまいます。
EV走行の気持ちよさは体感すると病みつきになるので、高くても外で充電しちゃう人が増えるのかもしれませんが、現在の充電コストではPHVやEVの普及を妨げてしまうのでは?。
今後の自動車は「電動化」していくのがトレンドでしょうから、この先は出先での充電コストをもっと下げていって欲しいですね。
DSC05683.jpg

ちなみに神奈川トヨタ港南店では「新型プリウスPHV」に試乗したり成約すると色々特典があります。
DSC05698.jpg
商品の数には限りがあるそうなので、早めに試乗するのがお勧めですね(^。^)。

「新型プリウスPHV」 ウェブリンク
新型「プリウスPHV」はエコカーの今後を占う試金石、日本でEV普及なるか (オートックワン)
【トヨタ プリウスPHV】最新情報

◎【新型プリウスPHV】Product Introduction "The PHV"

◎2017年の試乗履歴
DSC05602.jpg2017/02/17
すぐ普通になる。今は特別な”新型プリウスPHV”に試乗しました
DSC05332.jpg2017/01/08
一般道での走りはどうだ? ”C-HR”に試乗しました
過去の試乗履歴はこちらから↓
DSC04943.jpg2016年試乗履歴まとめ
2016年「試乗しました」リンク集まとめ(メガウェブで”C-HR”の比較試乗をして来ました)
DSC02893.jpg2015年試乗履歴まとめ
2015年「試乗しました」リンク集まとめ(メガウェブで新型プリウスの比較試乗をして来ました)
2014testdrive.jpg2014年試乗履歴まとめ
2014年「試乗しました」リンク集まとめ
shinopin_Award2013.jpg2013年試乗履歴まとめ
しのぴん「試乗しました」勝手に(?)人気アワード2013

nice!(77)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 77

コメント 10

ナツパパ

プリウスは代を重ねるごとに進歩しているのですね。
さすがにトヨタが入れる気合いが違うのでしょう。
記事を拝見して、わたしも乗ってみたくなりました。
こうなると、水素を使う車はどうなっていくのだろう。
by ナツパパ (2017-02-26 11:03) 

とまと

発売が遅くなる原因?のリア部分もなかなかいい感じに仕上がっていますね~

by とまと (2017-02-26 12:02) 

しのぴん

ナツパパさん、ご訪問&nice&コメントありがとうございます。
このプリウスPHV、TVCMもバンバン打ってますし、売る気満々ですよね。
試乗車も全国のトヨタディーラーに配置する様なので、是非乗って見てください!。
燃料電池車は「市販車を出した」事こそが重要だと思います。水素ステーションの事を考えると今は使いづらい車ですが、一般人も運転出来る車を出す事でクルマ自体の進化が早まるのではないかと思います。
by しのぴん (2017-02-26 17:57) 

しのぴん

とまとさん、ご訪問&nice&コメントありがとうございます。
発売開始が遅くなった原因のリアドアは、実際に見ると「かなり凝ってるな~」って感じです。
こだわって作っただけの事はありますね(^。^)。
by しのぴん (2017-02-26 20:09) 

masakazoo

この色を見ると、私は、釣具のジグヘッドを思い出してしまう。カスタムペイントする塗料とかにあるのである。

水素は、アメリカ等ではシェールガスやオイルがあるので最優先で技術開発は進まないと思われますが、資源の無い極東の国では、トルエンを使って保存がきく水素は化ける可能性ありと私は見ております。どっちにしても安いコストで水素が製造できるかにかかっておりますが、どうなるのでしょう。レッドブルの新車気になります。なんのこっちゃ!!
by masakazoo (2017-02-26 20:23) 

しのぴん

masakazooさん、ご訪問&nice&コメントありがとうございます。
この色、蛍光色だけあってかなり目立ちますね。
やっぱり将来のエネルギーは水素でしょうか。MIRAIもEVみたいなものですから乗ると結構良かったです。
レッドブルの新車発表されましたが、バックが暗い写真でイマイチ良くわかりません。でも早いんだろうなぁと思える姿ですね。
by しのぴん (2017-02-27 07:10) 

starwars2015

ステアリングヒーター、これはありがたいですね。
至れり尽くせりです。
by starwars2015 (2017-02-28 23:56) 

しのぴん

starwars2015さん、ご訪問&nice&コメントありがとうございます。
ステアリングヒーターはハンドルがほんわか暖かくなるので、寒い日の運転にはとても助かるアイテムです(^。^)。
by しのぴん (2017-03-01 00:06) 

柴犬

フロントの押し出し、リアにかけて空力良さそうw
何ともカッコいいクルマですね♪
by 柴犬 (2017-03-02 10:43) 

しのぴん

柴犬さん、ご訪問&nice&コメントありがとうございます。
空力良さそうなフロントマスクですが、ノーマルプリウスより空力悪いんですよね。
http://shinopin.blog.so-net.ne.jp/2016-06-26
それを補完する為に付けたうねったリアドア。これがカッコイイですね(^。^)。
by しのぴん (2017-03-02 23:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る