So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年WRC 第4戦 ラリー・フランス(ツール・ド・コルス) チャンプ本命ヌービルが勝利 [WRC]

629_Neuville-Corsica-2017.jpg
1戦、2戦と勝ちを逃してきたヌービルが本命の早さを発揮し伝統のツール・ド・コルスを制しました。


2017年WRC 第4戦 ラリー・フランス(ツール・ド・コルス)は現時時間3月6日から9日まで開催され、優勝はヒュンダイのヌービルでした。
11080_ThierryNeuville-Corsica-2017_001.jpg

1戦、2戦と早さを見せながら勝ちを逃してきたヌービル。3戦目でやっと表彰台に立ちましたが3位でしたので、本人としてはやっと勝てたって感じでしょうか?。
オジェにトラブルがあったりしたとは言え2位に1分近い差を付けての優勝ですから、これで勢いの付いたヌービルを誰も止められなくなったらヤバイですね(^_^;)。
いずれにしても今年チャンプ候補のヌービルが勝ったことで役者が揃いました。

それにしても今年は1戦オジェ、2戦ラトバラ、3戦ミーク、そして4戦ヌービルと毎回優勝者が違うなんて、やっぱり今年のWRCは面白すぎです!。

ちなみに3戦で勝ったミークは序盤をリードしましたがエンジントラブルでリタイヤ。
11085_Meeke-Corsica-2017_429_592x333.jpg
今回ポイントは稼げませんでしたが、この人も侮れない存在です。

ミークがリタイヤしたのでその時点で2位にいたオジェがトップに立つはずが、なぜかペースが上がらずヌービルにトップを奪われ、以降3位にいたヒュンダイのソルドにも詰められてしまう...
しかしフォードのオジェは最後まで粘って2位。
11083_SebOgier-Corsica-2017_004.jpg
今回は勝てませんでしたが、チャンピォンシップポイントトップは譲らず。
他のドライバーはこのままオジェを逃がしてはいけませんね。

3位はヒュンダイのソルド。
なかなか写真が見つからず・・・スンマセン。
ソルドが3位に入りヒュンダイはマニュファクチャーズポイントが2位に。2人早いドライバーを揃えてるのはやっぱり有利です。

そして表彰台は逃しましたがトヨタのラトバラは4位。
Jari-Matti Latvala-Corsica-2017_001.jpg
メキシコは早さが足りなかったヤリスWRCですが、ターマックは他のマシンと比べてそれほど遅く無さそう。
おまけに最終SSのパワーステージでラトバラはトップタイムをたたき出しました!。
スウェーデンで勝っていますし、良路は案外早そうな感じですね。

これでラトバラはチャンピォンシップポイント2位を堅持。しかしマニュファクチャーズは3位に・・・。
ハンニネンはもう少し安定したリザルトを残さないと、マニュファクチャーズポイントを稼げないですね。
まぁトヨタの今年は学びの年ですから仕方ないか?。

と言う事で、次戦は第5戦 ラリー・アルゼンチンで、現時時間4月27日から30日に開催されます。

オールターマックのツール・ド・コルスからまたグラベルラリーのアルゼンチンへ。オールターマックは早さを見せたヤリスWRCですが、グラベルは厳しい戦いになりそう。でもやっぱりトヨタを応援したくなる(^。^)。
イイ走りを期待してますよ!。

世界ラリー選手権第4戦ツール・ド・コルスまとめ AUTOSPORTweb

WRC - Tour de Corse 2017: Highlights Stages 7 - 8
nice!(51)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 51

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る