So-net無料ブログ作成

2019年WRC 第8戦 ラリー・イタリア ソルド優勝。タナックに悲劇。 [WRC]

2019ITALY_AUS_2019.jpg
最終パワーステージでタナックにまさかのマシントラブル!。そして勝ったのはヒュンダイの「職人」ソルドでした。

2019年WRC 第8戦 ラリー・イタリアは、現時時間6月13日から6月16日に開催され、優勝はヒュンダイのソルドでした。

まず驚いたのがSS4のオジェ。なんとコース脇の石にヒットして・・・。
16399_Italy-SebOgier-Citroen-2019_8.jpg
ストップしてしまいました!。
16397_Italy-SebOgier-Citroen-2019_6.jpg
これで早くも優勝戦線から脱落。

その後トップに立っていたラトバラも転倒して後退・・・。
16401_JariMattiLatvala-Italy-2019_002.jpg

ポイント上位のヌービルもラジエターを壊してアウト・・・。
生き残ったタナックはライバル不在となり徐々にペースを上げトップ浮上。
16407_OttTanak-Italy-2019_001.jpg
そして最後まで安定した速さを見せ、後続を引き離して迎えた最終パワーステージ。もう走り切れば勝利という状況で、私も安心していたら・・・ライブタイミングのトップにタナックが居ない!?!?。なんとステアリングトラブルが発生し2分以上遅れる事に。とりあえずゴールしたのでタイムは出ましたが、優勝するハズが5位にまでドロップしてしまいました(T_T)。

タナックが脱落したおかげで優勝たソルドは、2012年以来の勝利だそうです。
16403_DaniSordo-Italy-2019_001.jpg

2位はフォードのスニネン。
16391_TeemuSuninen-Italy-2019_001.jpg

3位はヒュンダイのミケルセンでした。
16417_AndreasMikkelsen-Italy-2019_001.jpg

ところでトヨタに乗るミークはどこに行ったかと思えば、8位に終わってます。うーーん、ラトバラといいミークといい、いいとこナシですね。本来ならタナックが消えたときにこの2人のどちらかがすぐ下に居るべきなのですが。来年トヨタのドライバーラインナップはどうなるんでしょう(って気が早い?)。

イタリアの上位8位までは以下の通り。
16423_Overall2-Italy-2019_001.jpg

ドライバーズランキング。
16424_Drivers-Italy-2019_001.jpg

マニュファクチャラーズランキング。
16421_Manufacturers-2019_001.jpg

また、今回もWRC2クラス参戦していた勝田選手は、ラリー中盤でクラストップに!!。
16414_TakamotoKatsuta-Italy-2019_001.jpg
そんな中迎えた最終日、なんとエンジンが壊れてリタイヤとなってしまいました・・・なんてもったいない。
せっかくクラストップ争いが出来る速さになっているのに、マシンが付いてこないのではどうしようもない。しっかり戦えるマシンにしてあげて欲しいです。

次戦は第9戦 ラリー・フィンランドで、現時時間8月1日~4日に開催されます。
かつては1000湖ラリーと呼ばれたフィンランドラリー、別名フィンランドGPは地元絶対有利の中、去年勝ったタナックは「ほぼ地元」と言っていいドライバー。しかもここはトヨタチームの地元なので、イタリアでの鬱憤を晴らしてほしいです!!。


WRC - Rally Italia Sardegna 2019: Highlights Stages 10-12


nice!(15)  コメント(0) 

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。