So-net無料ブログ作成

プリウスPHVがソーラーカーに!? [車]

20190704_01_09.jpg
上面側すべてに太陽電池が張り巡らされている「プリウスPHV」。コイツは一体なんだ!?。

これはトヨタのオフィシャルサイトで7月4日に発表されたもので、高効率太陽電池の実証実験車なんだそうです。
世界最高水準の高効率太陽電池を搭載した電動車の公道走行実証を開始

搭載された太陽電池の変換効率は「プリウスPHV」純正オプションが22.5%に対して、実証実験車に搭載されている方は34%以上なんだそうです。

純正オプションはルーフのみですが・・・。
carlineup_priusphv_charge_03_01.jpg

実証実験車はルーフと・・・。
20190704_01_11.jpg
ボンネットと・・・。
20190704_01_12.jpg
リアドア一面に貼ってます。
20190704_01_13.jpg
これで1日太陽を浴びると44.5km分も充電できちゃうらしい!?。

大きな太陽電池と超軽量ボディで走るレース用ソーラーカーと違って、普通の市販車をソーラーパワーだけで走らせる事が出来るなんてスゴイですね!。
とは言え実証実験車はリアウィンドウふさがってるから、さすがに市販はこのままじゃ無理?。しかも超高額になりそう(^^;)。

ちなみにこの実証実験車は、2019年7月10日(水)から12日(金)までパシフィコ横浜で開催される「第14回再生可能エネルギー世界展示会」のNEDOブース内に展示されるそうです。
NEDO:「第14回再生可能エネルギー世界展示会」への出展

「我が家にはソーラーパネルもないのにゃ!」
DSC01743.jpg
我が家のソーラーパワーは腕時計くらいかな~(笑)。

nice!(53)  コメント(8) 
共通テーマ:自動車

nice! 53

コメント 8

かずい

こうしたチャレンジは大事ですよね。太陽光発電パネルも革新的な変換効率の素材が出てくると…現実味が出てきたりして。
by かずい (2019-07-07 19:08) 

しのぴん

かずいさん、コメントありがとうございます。
究極なマシンではなく一般的な乗り物を太陽光で走らせる事こそ大事ですよね。
太陽電池もそうですが、二次電池の進化も期待したいです!。
by しのぴん (2019-07-07 19:32) 

johncomeback

僕の大学での卒論研究は太陽電池でした。
当時(約40年前)の変換効率は5%で、
20%が限界と言われていました。
by johncomeback (2019-07-07 20:11) 

しのぴん

johncomebackさん、コメントありがとうございます。
変換効率20%が限界と言われていたものが、今や市販品がそれを超えてるなんて40年前は思いもしないですよね。将来はもっと凄いものが出来る気がしてきました!。
by しのぴん (2019-07-07 21:31) 

とまと

強度的に課題が残りそうですね
by とまと (2019-07-07 21:42) 

しのぴん

とまとさん、コメントありがとうございます。
実験車だからか、写真で見ると太陽電池はボルトオンみたいですよね。これがホントの市販車になれば、強度的に問題ない構造にしてくるのでしょう。
by しのぴん (2019-07-07 22:38) 

newton

走ると目立ちますね。便利ですが、いまの梅雨時はどうなるのでしょうか・・・。
by newton (2019-07-08 16:45) 

しのぴん

newtonさん、コメントありがとうございます。
確かに今は日差しが無いので、電気溜まりづらいですよね。
そういう時期も含めて実証実験をやっていくのでしょう。
by しのぴん (2019-07-08 22:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。